日々歯科技工の技術は進んでいる

進化するインプラント

最新のインプラント治療

インプラント治療とは何らかの原因で自分の歯を失った人に、人工の歯を埋め込む治療法です。歯茎の下部分、骨に直接人工的な器具を埋め込んで、新しい歯を装着する治療で、入れ歯や差し歯と違って、治療後はもともとも自分の歯のように食べ物を噛むことができるおすすめの治療法です。インプラントは歯科診療の中でも最新の治療法ですので、おすすめできますが、いくつかのデメリットもあります。一番のデメリットは治療費が高額になることです。糖尿病や骨粗鬆症の患者さんは骨が弱っていますので、治療を行えなこともあります。顎の骨にドリルで穴を開けますので、麻酔を伴う外科治療であることもデメリットといえますが、それを解消する最新の治療法も行われています。骨の小さな穴を広げていく治療法で、穴を開けるためのドリルを使用しません。最初に小さな穴を開けてから、専用の特殊な器具でその穴を広げていきます。硬いと思われている骨にもある程度の弾性がありますので、じょじょに広げていくことができるわけです。骨の硬さには個人差がありますので、硬い人には適応できない場合もありますが、進化しているインプラントの中でも最新の治療法で、おすすめできます。

↑PAGE TOP